京都旅行のお土産を買うなら、河原町エリアがおすすめ

祇園小石の家傳京飴のバリエーションは魅力

阪急河原町駅から京阪四条駅を経て八坂神社に向かう四条通沿いには、京都散策のついでに楽しくお土産を選べるお店が並んでいます。国内外からの観光客で賑わうこの通りには、老舗も多く残っていて、京都の独特の空気感にすっかり包まれてゆきます。甘味では、「家傳京飴・祇園小石」がおすすめです。透明感のある艶やかな家傳京飴は、口溶けの良さとしっかり特徴のある風味が魅力です。その種類の多さ、彩りの美しさで、売り場も華やいでいます。黒飴やにっき、しょうが、といった昔から愛されてきた味はもちろんのこと、紅茶や黒みつ珈琲、黒みつみんと、といった洋風要素を取り入れた新感覚の飴もあるのが楽しいところです。ひと袋数百円と手軽に買えることもあって、自分用に友人用に、とまとめて購入する人の姿をよく見かけます。

よーじやの優秀なコスメを使って目指すは、はんなり京美人

女性への京都土産を購入するなら、よーじやがおすすめです。四条通沿いにある広々としたフロアの祇園店には、可愛い化粧品や化粧小物がずらりと並んでいます。何と言っても人気は、あぶらとり紙。ビニールや布製のケースも販売されていて、お土産にも喜ばれます。あぶらとり紙とセットで携帯すると便利なのが、おしろい紙です。UVフェイスパウダーが紙に付いているので、さっとお化粧直しをしたい時に便利です。手鏡や化粧ポーチも、大変人気があります。お土産に購入するお客さんが多いこともあって、小分け用の袋や紙袋をきちんと用意してくれ、綺麗なギフト用のパッケージがある点も嬉しいところです。お土産のお買い物を終えたら、近くにあるよーじやカフェに立ち寄るのも素敵な過ごし方です。京都の楽しい旅の思い出が伝わるお土産を探しながら、河原町散策を楽しんで下さい。

放浪

ペットを家族に持つ家庭での旅行の選択肢

ペットを連れて一緒に旅行を満喫

旅行を計画する際に気になるのが、ペットの存在です。旅行の方法の一つとして、ペットと共に旅を楽しむ選択肢があります。ペットを連れて宿泊できる施設も観光地にはあるため、調べてみる価値はあります。ペットも宿泊可能な施設は、ドッグランなどペット向けの施設も整っている場合が多いです。ただし旅行先ではペットが入れないアミューズメント施設やレストランなどの商業施設もあるため、あらかじめ旅行前にチェックしておくと安心です。近年はペット同伴で旅行に出かける人も増えてきて、観光地では受け入れ態勢が整いつつあります。どの観光地がペットとの旅行に適しているか、ペットを飼っている飼い主の間でも情報交換が盛んに行われています。

旅行中にペットホテルを利用する方法

ペットを連れて旅行に問題があるなら、旅行中にペットを預かってもらう方法があります。一時的にペットが預けられるペットホテルは、ペットを飼っている人たちにとって非常に助かるサービスです。ペットホテルには衛生環境が整っていて、スタッフも動物の扱いに熟練しているため、安心して大切なペットが預けられます。空港などの近くにもペットホテルが多く、海外旅行に出掛ける前に大切なペットを預ける事が可能です。一方でペットホテルを利用する際では、予防接種を受けているかどうかが利用条件になっている場合も多いです。その他にも利用に何らかの条件が付与されている可能性はあり、ペットホテルを利用する前に問い合わせし注意事項の確認を行うのが無難です。

余暇

大人の優雅な旅の楽しみ方

予定をぎっしり詰める旅からの卒業

学生の頃は行く先と日程を決めたらどこを見て回ろうか、どうやると効率的に旅ができるかを必死に考えるものです。それはそれで楽しいですが、歳を重ね、旅の経験を積見始めると別の楽しみ方を味わうのも良いものです。例えば、ホテルや旅館を中心にしてその周りを入念に散歩してみる、現地の人たちと話す機会を多くして新しい発見を得るなどはその1つです。はじめは何となくもったいないような気分になりますが、日常から離れるという意味ではとても贅沢な時間の使い方です。リゾート地などではビーチや景色の良い場所に寝そべって、物思いに耽ると精神的にもとても満たされた気分になり、きっとこんな旅も良いものだなとしみじみと感じることでしょう。

ゆったりした旅に持っていきたい相棒

ゆったり物思いに耽るのも大いに結構なのですが、そこに好きな本を1冊持っていくととても重宝します。内容はお好きなものであれば何でもよいのですが、ビジネス書ではなく、できれば小説やエッセイ集なんかは旅の雰囲気にとても合います。宿泊先で寝る前の時間を使って読書するのも良いですし、朝少し早めに起きて本を片手に散歩し、少し涼しげな木陰で本を開いてみるのも清々しい気分に浸れるでしょう。旅とともに持って行った本は、きっと後になって旅のことを思い出させてくれるものにもなりますし、旅を終えて帰ってきてからふと手に取りたくなる、そんな自分の古い友人のような存在になると思います。旅を豊かなものにするために、お気に入りの1冊をカバンに忍ばせておくことをおすすめします。

世界旅行博