楽しいスキー旅行にでかければストレスが発散できる

スキー旅行は国内から海外までいろいろ

スキー旅行というと、国内から海外まで魅力的なスキーリゾートがたくさんあります。それらでは自分のレベルに合わせて楽しい滑りを楽しめるので、初級者からエキスパートの方まで満足出来る環境が用意されています。国内では北国の豪雪地帯や山間部などにリゾートが集中しており、多くの観光客がそれらを訪れます。国内の場合には便利な旅行プランが用意されており、格安でウインタースポーツを楽しみに出かけることができます。また海外に行く場合にも航空券や現地での滞在先などがセットになったツアーがありますから、国内で満足出来る方から、海外のエキゾチックな環境にてスキーをやってみたい方でも、それぞれの希望にあったリゾート地が用意されています。

レベルに合わせて選べるゲレンデ

スキー旅行で行けるゲレンデでは大抵、初級者コースから上級者コースまで、コース分けされている場合がほとんどです。このためスキーをまだはじめて間もない方ならば、インストラクターの指示を受けながら楽しめるので、自分でスキー技術が向上したと実感しながらウインタースポーツを満喫出来ることでしょう。もちろん上級者の方に対してはコブ斜面からスピードが出せる急斜面まで、いろいろなコース設定があるので、どのゲレンデに行っても満足できること間違いなしです。バスツアーや鉄道で向かうツアーなど、あなたの楽しみ方に合わせたプランがありますから。ウインタースポーツのために旅行をするなら、積雪地に向かいスキー旅行を楽しむのも良いでしょう。

タビマスターズ

のんびりした旅を楽しもう

あえて飛行機や新幹線に乗らない

一般的な旅行プランを立てると、できるだけ早く目的地に到着したいと考えがちです。目的地での滞在時間を長くしたいと思うのも自然ですが、移動時間もふくめて旅を楽しむようにすると違った味わいがあります。そのためにおすすめなのが、宿泊設備が用意された鉄道の利用です。夕方から夜に出発して、翌日の朝に目的地に到着するのが一般的なスタイルです。新幹線や飛行機よりも移動時間は長くなりますが、鉄道のなかで寝るのはホテル宿泊とは異なる非日常感があります。宿泊設備がついた鉄道はチケットがとりにくい場合もありますが、一度は体験してもらいたい旅です。比較的短距離の移動の場合も、特急や急行を使わず、あえて各駅停車を利用するとのんびりした旅を楽しめます。

フェリーなどの船旅もおすすめです

目的地への移動もふくめて楽しむ旅のおすすめとして、船による移動もあります。豪華客船による旅はもちろんすばらしいのですが、プランによってはかなり高額になり、日程も長くなりがちです。フェリーであれば、半日ほどの時間をかける移動手段として使えます。日本では船に乗る機会はあまり多くありませんから、貴重な機会となります。デッキに出て、風に吹かれながら港を離れる様子をながめるのはいいものですし、波による揺れを感じるのも日常では味わいにくいことです。フェリーによる移動のメリットとして、自家用車(バイク)を使った移動ができる点もあげられます。船に自分の車両を積みこんで、目的地でそのまま利用できるのは鉄道や飛行機による旅では得られないメリットになるのです。

タビマスターズ

安く旅行するための節約ポイント

格安航空券で飛行機利用の費用を削減

旅行は、賢く選べば費用を節約できます。旅行の費用節約手段として有効なのが、格安航空券の利用です。飛行機を使った旅行の場合、航空券の購入の負担が大きいです。しかし値段の安い格安航空券を利用すれば、飛行機を使っても旅行費用を抑えられます。格安航空券の飛行機は、サービスの無駄を省いて料金を安くしています。たとえ費用は安くても、飛行機の運行では安全性が十分に確保されているため、安心して利用可能です。格安航空券で飛行機の利用に必要な費用を節約した分だけ、旅行先でのグルメやショッピングなどにに浮いた費用を割り当てることもできます。格安航空券を提供する航空会社も増えてきて、かつてよりも選択肢が広がっています。

シーズンオフを狙い安い費用で旅行を満喫

安く旅行をするなら、シーズンオフを狙うのが節約のポイントです。多くの旅行者が観光地を訪れる繁忙期のシーズンには、費用が高くなりがちです。旅館やホテルも、観光客が多い時期には値段が高めで部屋の空きを探すのも大変です。観光客が少ないオフシーズンを狙えば、割引サービスが受けられる場合がよくあります。このことから旅行費用の節約には、ゴールデンウィークや夏休みなどの時期はできるだけ避けるのが賢明です。シーズンオフは観光地に人が少ない分だけ、落ち着いて旅行が楽しめるのも魅力です。賑やかな観光地の雰囲気もいいものの、シーズンオフの静かな観光名所も見どころが多いです。シーズンオフに旅行に出掛けられる都合がつけば、節約して旅行ができるチャンスです。

旅行

旅行をするときに気を付けること

持ち物をチェックする

旅行をするときには、持ち物をよく確認しておくことが大切です。特に飛行機を利用する場合は機内に持ち込める物が限られているので、事前に手荷物の中身を確認しておきましょう。もし機内に持っていく手荷物の中に持ち込みできない物が入っていた場合は、預け入れる荷物の中に入れてください。爆発物や殺虫剤などの危険物は無理ですが、スポーツ用スプレーやゴルフクラブなどは預け入れの荷物に入れることで旅行先まで持っていくことができます。機内への持ち込み可能な量が制限されている物もあるので、あらかじめインターネットで調べて置くことをおすすめします。ぎりぎりになって持ち込めないことが分かれば処分することもあり得るので、旅行に行く前によく確認することが大切です。

もしものときに備えて

持ち物の確認以外にも、旅行をする前にやっておいたほうが良いことがあります。それは、持っていくお金をいくつかの財布に分けて入れることです。旅行をする際は何が起こるか分からないので、出発する前に財布を何個か用意して現金を分けておきましょう。もし旅先で一つ無くしてしまっても、他の財布にお金が入っていれば安心して旅行をつづけることができます。旅行に持っていく財布は無くしてもいいように、安物を選ぶようにしてください。特に海外に行くときは、身の安全を考えてあまりブランド物の財布を使用しないようにしましょう。どうしても持っていきたいときはメインで使用せずに、あまり人目に触れない予備の財布として使用するのがおすすめです。

旅芸人

一人旅の醍醐味は何か

決めるのは、すべて自分

一人旅の醍醐味は、すべての選択を自分で決定できる点です。好きな場所へ行き、食べたいものを食べ、見たいものを見る旅を可能にします。複数での旅行であれば、すべて自分の思い通りに決める訳にはいきません。例え気心の知れている仲間同士であっても、親しき中にも礼儀ありなので自己中心的になれません。複数での旅行は確かに楽しいですが、貴重な時間とお金を使って出かけたにも関わらず相手に合わせてばかりになってしまう可能性もあります。希望していた場所に行けない、食べれないでは楽しさよりも消化不良の思いが強くなってしまいます。明日、急にどこかに行きたいと思い立った時に宿の予約さえできれば問題なく旅行できるので、このようなフットワークの軽さも魅力です。

一人でも孤独ではない

一人旅は寂しいというナーバスなイメージを抱く方もいますが、決してそうではありません。もちろん、あえて交流や観光をさけるような行動をすれば意図的に孤独になることはできますが、一人旅=孤独という構図は成立しません。旅の魅力の一つに出会いやコミュニケーションがあります。複数での旅行では、ほとんど仲間内でのコミュニケーションで終わります。しかし、一人旅の場合は常に他人とコミュニケーションすることになるので気が合えば仲良くなれます。話が盛り上がり、そのまま食事を共にしたりお酒を酌み交わすという展開もあり得ます。数分前まで全く知らない人間同士が笑顔で会話を始めるという現象は、旅による心の解放感によってもたらされます。

タビマスターズ

旅行スタイルの変化について

現代の旅行スタイルについて

現在旅行スタイルの年々変化してきています。以前は、観光地に行って美味しいものを食べて周るというのが主流でしたが現在は体験を交えた旅行がとても人気を集めてきています。例えば、ご当地名物の手作り体験であったり、農家の古民家宿泊体験など現地の方との交流を取り入れた旅行がブームになりつつあります。観光を使った町おこしも盛んにおこなわれており、地方において観光は重要な収入源となるため双方にとってWIN×WINの関係になり、とてもユニークな体験ができるパーッケージツアーなどがたくさん出てきています。外国人観光客においても最近は東京・大阪などではなく、昔ながらの日本の文化を体験したいということで地方などに行く方が増えてます。

日本がこれからするべきこと

外国人の旅行者が増えていく中で日本が抱えている問題として一番の問題は英語に対する対応力です。東京オリンピックも開催が決まり、これからますます訪日外国人が増えていく中で、大至急やらなければなりません。まだまだ宿泊施設で英語対応がままならない場所が目立ちます。そういったところが今まで外国人旅行客が少なかったという理由にも繋がってると思います。また、日本の道路は左側走行になっており世界でも珍しく、これから増える外国人がレンタカーを借りて行動したらと考えると少しぞっとします。さらに、日本の道路標識は世界の方から見ると難しいと感じます。例えば、止まれの標識は日本語で大きく書いてありますが、日本語が読めない外国人が理解できるか不安です。旅行は経済において大きな利益をもたらす部分なので、日本もしっかりと受け入れ対応をするべきです。

バカンス