旅行スタイルの変化について

現代の旅行スタイルについて

現在旅行スタイルの年々変化してきています。以前は、観光地に行って美味しいものを食べて周るというのが主流でしたが現在は体験を交えた旅行がとても人気を集めてきています。例えば、ご当地名物の手作り体験であったり、農家の古民家宿泊体験など現地の方との交流を取り入れた旅行がブームになりつつあります。観光を使った町おこしも盛んにおこなわれており、地方において観光は重要な収入源となるため双方にとってWIN×WINの関係になり、とてもユニークな体験ができるパーッケージツアーなどがたくさん出てきています。外国人観光客においても最近は東京・大阪などではなく、昔ながらの日本の文化を体験したいということで地方などに行く方が増えてます。

日本がこれからするべきこと

外国人の旅行者が増えていく中で日本が抱えている問題として一番の問題は英語に対する対応力です。東京オリンピックも開催が決まり、これからますます訪日外国人が増えていく中で、大至急やらなければなりません。まだまだ宿泊施設で英語対応がままならない場所が目立ちます。そういったところが今まで外国人旅行客が少なかったという理由にも繋がってると思います。また、日本の道路は左側走行になっており世界でも珍しく、これから増える外国人がレンタカーを借りて行動したらと考えると少しぞっとします。さらに、日本の道路標識は世界の方から見ると難しいと感じます。例えば、止まれの標識は日本語で大きく書いてありますが、日本語が読めない外国人が理解できるか不安です。旅行は経済において大きな利益をもたらす部分なので、日本もしっかりと受け入れ対応をするべきです。

バカンス