のんびりした旅を楽しもう

あえて飛行機や新幹線に乗らない

一般的な旅行プランを立てると、できるだけ早く目的地に到着したいと考えがちです。目的地での滞在時間を長くしたいと思うのも自然ですが、移動時間もふくめて旅を楽しむようにすると違った味わいがあります。そのためにおすすめなのが、宿泊設備が用意された鉄道の利用です。夕方から夜に出発して、翌日の朝に目的地に到着するのが一般的なスタイルです。新幹線や飛行機よりも移動時間は長くなりますが、鉄道のなかで寝るのはホテル宿泊とは異なる非日常感があります。宿泊設備がついた鉄道はチケットがとりにくい場合もありますが、一度は体験してもらいたい旅です。比較的短距離の移動の場合も、特急や急行を使わず、あえて各駅停車を利用するとのんびりした旅を楽しめます。

フェリーなどの船旅もおすすめです

目的地への移動もふくめて楽しむ旅のおすすめとして、船による移動もあります。豪華客船による旅はもちろんすばらしいのですが、プランによってはかなり高額になり、日程も長くなりがちです。フェリーであれば、半日ほどの時間をかける移動手段として使えます。日本では船に乗る機会はあまり多くありませんから、貴重な機会となります。デッキに出て、風に吹かれながら港を離れる様子をながめるのはいいものですし、波による揺れを感じるのも日常では味わいにくいことです。フェリーによる移動のメリットとして、自家用車(バイク)を使った移動ができる点もあげられます。船に自分の車両を積みこんで、目的地でそのまま利用できるのは鉄道や飛行機による旅では得られないメリットになるのです。

タビマスターズ